業務用IT機器の通販サイト
カゴの中を見る

Zabbix Enterprise Appliance

Zabbix Enterprise Applianceシリーズ

VMware環境の監視に対応!Zabbix 2.2を搭載したアプライアンス「Zabbix Enterprise Appliance ZS-5220」




商品説明

概要

Zabbix Enterprise Applianceはサーバーの購入、検証、セットアップやZabbixのインストールと初期設定、データベースのチューニング、監視処理を最適に行うための周辺ソフトウェアの設定といった煩雑な作業を行うことなく、システム監視、障害通知、グラフ表示などZabbix 2.2の全機能を活用したシステム監視運用業務を容易に開始することを可能にするハードウェアアプライアンスです。


Zabbix 2.2の搭載により、VMware仮想環境のハイパーバイザーや仮想マシンを自動的に監視対象として登録し監視を行う機能を新たに搭載し、煩雑な設定作業を行うことなく物理、仮想環境の統合的な監視を可能にします。


また、Web監視機能やWindowsイベントログ監視機能の改善、Windows WMI監視機能や内部イベントの追加、Webインターフェースの改良、パフォーマンスの大幅な改善などZS-5200と比較し100以上の改善と機能追加を行っています。


特長

Zabbix 2.2搭載アプライアンス

Zabbix 2.2を搭載し、以下のZabbixの機能を利用できます。より効率的に監視設定を行うことができ、監視システムの構築と管理コストを削減することができます。
・VMware vSphere、vCenterの自動監視機能
・ネットワーク機器のインターフェース、サーバーのディスクパーティションとネットワークインターフェースの自動検知、自動監視設定機能(ローレベルディスカバリ)
・Javaアプリケーション監視機能
・ネットワークマップの自動作成機能
・SNMPトラップの振り分け機能
・資産管理情報の自動設定機能


中小規模向け高信頼性・高パフォーマンス監視アプライアンス

アプライアンスのベースとして小型、ファンレス、スピンドルレスのハードウェアを採用し、サーバールーム(*1)だけでなくオフィススペースや店舗、工場など設置場所を選びません。
また、Zabbix専用機としてOSおよび各種ソフトウェアの最適化を行い、小型ながらおよそ200監視対象(*2)までのシステムを監視することができ、中小規模向けの監視アプライアンスとしてLinux、UNIX、Windows各種サーバー、ネットワーク機器の監視を一元的に行うことができます。


省電力・省発熱・省スペース

Zabbix Enterprise ApplianceはCPUとしてデュアルコアARMプロセッサを搭載し、高い処理性能を持ちながら、通常のIAサーバー(*3)と比較して約90%の電力削減が可能な15Wという超低消費電力、周辺温度50℃でも運用可能な空調いらずの堅牢設計、占有面積にして約1/9の小型サイズ筐体と、非常に優れた省電力率・省発熱率・省スペース率を誇ります。


オールインワン監視ソリューション

Zabbix社がこれまでに培ってきたシステム監視の技術と経験を投入し、Zabbixによる監視をスムーズかつ安定して行えるよう、周辺ソフトウェアも含めてセットアップ済みの状態で監視をすぐに始めることができます。
また、Zabbix EnterpriseサイトにてZabbixのソフトウェアアップデート、追加ソフトウェアの提供、先出しセンドバック保守を一括して提供し、長期間に渡って監視システムを安定維持するためのソリューションを提供します。ソフトウェアアップデートはOSおよびZabbixを含めた検証済みのソフトウェアを本機より一括でダウンロード、インストールすることができ、長期に渡り監視システムの安定した運用をサポートします。


メンテナンスフリー

監視データの蓄積にデータベース技術を採用し、長期運用による監視マネージャのパフォーマンス低下を防ぎます。長期に渡る安定した監視データの保存により、グラフを利用したシステムのパフォーマンスの傾向分析、障害解析を容易に行うことができます。また、監視設定の定期バックアップ機能を内蔵し、監視設定の間違いやハードウェア障害からの復旧、同一設定の監視サーバーの複製を容易に行うことができます。


自己監視機能による監視サーバーのダウンタイム最小化

Zabbixサーバー、Webインターフェース、データベース、SNMPトラップ受信プロセスなど監視サーバーとして動作が必要な機能が正しく動作するかを定期的にチェックし、停止している場合は自動的に起動を行う機能を内蔵しています。自己監視機能により監視サーバー自体の可用性を向上させ、より安定した監視システムを構築することができます。


Zabbix設定バックアップツール

本機にはZabbix設定バックアップツールがインストールされ、定期的に動作するようにセットアップ済みです。Zabbix設定バックアップツールを利用することで、Zabbixのデータベースから監視設定のみをバックアップ、リストアすることができ、バックアップにかかる時間と手間を最小限に抑えることができます。


システム管理Webインターフェース

システムの稼働状況の確認やサポート情報の取得、ネットワークの設定を行うことができる専用のWebインターフェースを備え、Linux OSを操作することなくシステムの管理を行うことが可能です。


Zabbixエージェントパッケージ

本体に以下のOS用のZabbixエージェントパッケージを内蔵し、本機からダウンロード、インストールすることが可能です。
・Windows XP, Vista, 7, 8, 2000, 2003, 2008, 2012 (exeインストーラ)
・RedHat Enterprise Linux 5, 6 (rpm)
・CentOS 5, 6 (rpm)
・Debian 6 (deb)
・Ubuntu 10.04 (deb)
・AIX 5.3, 6.1 (rpm)
・HP-UX 11 (depot)
・Solaris 8, 9, 10 (pkg)


(*1) ラックマウントキット別売
(*2) 20000監視項目、5分間隔の監視の場合。1監視対象あたり100監視項目としてパフォーマンス測定
(*2) Zabbixのノード機能は利用できません
(*3) ぷらっとホーム社 TRQX-1/55SAと比較: http://www.plathome.co.jp/products/server/trqx_155sa00